くじら糖

Anti-Trench 向坂くじらです ある程度まとまった分量のことをかきます

ぜったい失敗する! 死なないための就活マニュアル

はじめに 就活生のみなさん、こんにちは。選考解禁日ですね。 とはいっても、実際には三月から選考は始まっていて、すでに就活が終わった人もいるかもしれない。そして、いまの時点でもまだ就活中のあなたは、かなり出遅れたように感じているかもしれない。…

二度とビームは撃たない

高校生のころ夢日記をつけていた。 好きなゲームの影響で、熱狂的に明晰夢が見たかったのだ。そのためには夢に対して意識的にならねばならず、それには夢日記がもっとも効果的だ、と、オカルトサイトで読んだのがきっかけだった。夢日記をつけると気が狂うと…

紅茶の甘いののつめたいの

採用面接で一緒になった女の子が、「途上国に留学したことで、今まで持っていた『貧しくてかわいそう』というイメージが払拭され、『貧しいのに生き生きと暮らす人々がいる』ことを知りました」と話していた。私は留学経験がないのでわからないけれど、たぶ…

「楽しいうちに」死ぬことを賢いなんて言わないでほしい - 不確定な未来を生きること

空気を「寒い」というより「つめたい」と感じるようになって、いよいよバイト先の塾が受験期に差しかかった。努力してきたという自覚がある生徒、そうでない生徒、それぞれが気持ちに揺れを抱える頃だ。 そんな中、男子生徒のひとりから、「あと一ヶ月では間…

Anti-Trench年始までの出演予定まとめ+余談

ブログではお久しぶりです。朗読×エレキギターユニット「Anti-Trench」の向坂くじらです。 今年二月末に活動を開始したわれわれですが、たいへんありがたいことに、ライブがどんどん増えてきております。ツイッターだけの告知に限界が来はじめたので、年末〜…

「逃げてもいい」と言ってもらえる日のために

九月一日、勤め先の塾に来た女子生徒が、私の顔を見た途端に泣きだしてしまった。 もともと人付き合いが苦手で、夏休みのはじめには「学校に行かなくていいだけでしあわせ」と大喜びしていた子だった。勉強も苦手だったが、塾に通い始めてから奮起し、勉強し…